img33

【イントロダクション】
テレビ東京2017年7月8日スタート 土曜ドラマ24
永山絢斗×大森南朋 W主演!!
「居酒屋ふじ」
東京・中目黒に実在するお店「居酒屋ふじ」。
昭和が息づく小さな居酒屋に集う人々の物語。

ドラマのセットは、「ふじ」の店内を本物そっくりに再現!また、ドラマに出てくる料理の数々は、常連たちが舌鼓を打った実際にお店で出している名物メニュー!こちらも、ご注目ください!

売れない俳優の西尾(永山)を、「かつての自分を見ているようだ」と可愛がる本人役の大森。フィクションの中に散りばめられたリアリティーの存在が物語をさらに躍動させます! 是非、ご期待ください!
また、ドラマのエンディングテーマは、主演の大森南朋がVocal&Guitarをつとめる
「月に吠える。」の「夜の雲」(Mastard Records)に決定!
夏の夜を締めくくるにふさわしい、思わず雲を見上げたくなるようなゆったりとした大人のバラードが、ドラマの情感をより一層深くさせます。こちらも、お楽しみ下さい!

【あらすじ】
あらすじ
若手俳優の西尾栄一(永山絢斗)は、死体役しかまわって来ない現状に苦しんでいた。うさ晴らしに飲んで帰ろうと中目黒をさまよっていると、最近気になっている“kujira”という女の子のインスタグラムに、見覚えのある『居酒屋ふじ』の写真がアップされる。向かってみると昭和風情の渋い佇まい。だが店内に入ると、外観からは想像つかないほど有名人のサイン色紙で壁と天井が埋め尽くされていた。しかも客の中には、俳優の大森南朋の姿が…。
 東京・中目黒。上京して一人、役者の夢に向かいつつも立ち止まりそうになっていた西尾は、昭和が息づく小さな居酒屋“ふじ”で、常連客・大森南朋や先輩俳優と触れ合いながら、大切なことに気付かされていく……。

店に感銘を受けた著名人が本人役で登場!
フィクションとリアリティーが融合した人情味あふれるヒューマンドラマ!
テレビ東京 話題の土曜深夜の連続ドラマ枠2017年7月クールは、『土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」』に決定致しました!
 本作は、東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」に引き寄せられた、今イチ人生がパッとしない売れない若手俳優・西尾栄一(永山絢斗)が、大森南朋(本人役)をはじめ、実名で登場する常連客の著名人から語られる言葉や、「ふじ」の“おやじ”が残した豪快な逸話に刺激を受けながら、泣き、笑い、挫折を感じながらも、ふたたび夢を追い始める姿を描いた人情味溢れるヒューマンドラマです!
 主演を務めるのは、連続ドラマ小説『べっぴんさん』(2016年/NHK)などの話題作に出演、今もっとも旬の若手俳優 永山絢斗、そして数多くの映画、ドラマに出演している実力派俳優 大森南朋。魅力溢れる2人のW主演で、お届け致します。永山と大森は民放連続ドラマでの主演は初めてになります。
また、永山と大森は、「親父がくれた秘密―下荒井5兄弟の帰郷」(2012年/テレビ東京)以来、5年ぶりの共演となります。
原作は、東京・中目黒に実在する店「居酒屋ふじ」の店主で、2014年に惜しまれながらもこの世を去ってしまった “おやじ” の半生を描いた同名小説『居酒屋ふじ』 (講談社刊) 。


テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
土曜ドラマ24 『居酒屋ふじ』
2017年7月8日(土)スタート 毎週土曜 深夜0時20分~0時50分

居酒屋ふじ 公式サイト


【キャスト】
※コメントに記載

居酒屋ふじ 公式サイト


【コメント】
■10話ゲスト:本人役 岸谷五朗コメント
今回は本人役なんですが、お話しを頂いた時にスタッフの皆さんは本当に面白い事を企んでるなと思って楽しかったです。大森くん(大森南朋)とは、台本の設定もそうなんですが25年ぶりで、台本と同じような事を実際の楽屋でも話していた事が一番リアルで面白かったですね。良いお店には色々な人が行き交っていて、そこに物語が沢山あって、居酒屋と人間というのは切っても切り離せないんですよね。

■11話ゲスト:山城真由美役
今回、私は西尾の事務所の社長兼マネージャーで男前な女性という役柄を演じたのですが、ご本人役で出演されている方々もいて、撮影現場は少し不思議な感じでした。永山さん(永山絢斗)とは初めての共演でしたが、ご本人は物静かな方で、最初に「恥ずかしがり屋さんですか?」って聞いたら、「はい。恥ずかしがり屋さんです。」といってくださって(笑)。それからは、和気あいあいと会話ができるようになりました。

■6話ゲスト:本人役 手塚とおる
本人役を初めてやりましたが、台本があるものなので、普段お芝居する時とあまり変わらなかったですね。普段も、ワークショップをやったりとか演出もしたりしているので、違和感はなかったです。男同士でのキスシーンがあるんですが、20代の時に舞台で温水洋一君と初めてキスシーンをしました。それ以来です(笑)。現場は良いムードで僕自身がテレ東さんのドラマが大好きなので楽しくて楽しくてしょうがないですね。

■9話ゲスト:西尾の演劇サークルの先輩役 音尾琢真
なかなか素晴らしい役を頂いたなと(笑)。永山絢斗さんの先輩ということではっちゃけて楽しめる役で、自由に心地よくいられて良かったです。飯豊まりえさんにポッキーを食べさせてもらったり、おっさん心としても嬉しい瞬間もありました(笑)。「ふじ」には大森南朋さんに連れて行ってもらって、おやじさんに「いつか、ここにサインを置いても恥じない男になります」と話したのですが、今は大事な思い出になりました。

■7話ゲスト:本人役 おのののか
今回、共演させて頂いた俳優の皆さんとはお会いするのが初めてで、とても緊張していたのですが、待ち時間にお話をさせて頂き、皆さんとても優しい方ばかりでした。私は「ふじ」には行ったことがないのですが、大森南朋さんに実在の「ふじ」の写真を見せて頂き、撮影セットと全く同じお店だったのでびっくりしました。実在の「ふじ」にも是非行ってみたいと思いました。

■11話ゲスト:映画監督役 松尾貴史
ドラマの監督、五十嵐の役で出演致しました。若い俳優役の演技に、難を言ったり評価したりという役所ですが、自分自身に「お前がどの口で言うのか」と内心で突っ込みを入れながらの楽しい作業でした。現場では、こちらからの重箱の隅をつつくような提案に、本物の監督が色々フレキシブルに対応して下さり、すこぶる演じ易かったです。長らく遠い存在として憧れで見ていた篠原涼子さんとも初共演出来たことは喜びに耐えません。

■斉藤和義
主人公の西尾のくすぶってる頃の心境っていうのは、自分が23~24歳のデビュー前の頃のどこにも決まらずウズウズしている感じとすごい似ていると思ったんです。当時、俺も吉祥寺の居酒屋によく行っていたから。そこのおばちゃんはすごい飲んだくれで、ダメ人間で。だからこそ、行くとホッとできたというか。シチュエーションは違うけど心境はすごいシンクロするところがあったから、その頃を思い出しながらメロディも歌詞も結構スムーズに出来ました。あと、「居酒屋ふじ」の雰囲気とか、豪快なオヤジさんも栃木県出身だし親近感もわきました。

■主演:大森南朋
出来上がった曲を聞かせていただきましたが、和義さん節というか…どんな感じでくるのか、全くイメージしていませんでした。こうきたか、と。すごく好きです、今回の曲も。早くこの音楽がかかった本編を見てみたいです。和義さんと「ふじ」には一緒に行ったことはないのですが、不思議な縁がありまして。何度かお仕事をご一緒させていただきましたが、また、ご一緒できて嬉しいです。何より一方的にファンだったので、ただただ嬉しいです。

■1話ゲスト:本人役 篠原涼子
「ふじ」には、実際に25年前によく通っていて、おとうさんとおかあさんが大好きで、悩み事があると1人で来て、話を聞いてもらっていたのが印象的です。大森さんとの共演は久々ですが、相変わらず気さくに対応してくれて、永山さんとも『アンフェア the end』(2015年)以来ですが、久しぶりではない感じで、家族というかお友達みたいに会話ができるし、安心してお芝居ができました。今回はゲストなので少ししか出演できないのがさみしいです。このドラマの出演はとてもいい経験で、20代の頃を思い返せるような、「ふじ」のおとうさんに「もう一度、初心を大切にしような」と言われているような気持ちになりました。

■2話ゲスト:本人役 大杉漣
自分の内面にあるスケベな部分を全部吐き出しているような役で、是非見て頂いて楽しんで頂けたらと思います。長崎監督や国本監督、太朗ちゃん(諏訪太朗)とも久しぶりにお会いして、仕事続けていて、またこうやって再会できるというのは嬉しいなと思いますね。最近テレ東ではなぜか本名で出ているんで、たまには役名も欲しいなと思ったりしています(笑)。テレ東の深夜恐るべし…ちょっとツボなんです。

■3話ゲスト:本人役 水川あさみ
現場は、とても良い空気で皆さんが迎え入れてくれたので居心地が良かったです。本人役は2度目なんですが、今回は水川あさみ役であり、そうでない部分もあるので、セリフとセリフの間を自然に埋めるように話すことを意識しました。セリフで難しいところがあったのですが、言えた時はみんなでハグして喜びました。

■5話ゲスト:本人役 椎名桔平
「ふじ」に初めて来たのは約30年も前。役者の道を選んで間もない時でした。セットがあまりにリアルだった事もあり、撮影中に当時の自分を思い返したりしていました。本人役なので、自身の実際のエピソードも台本に取り入れて貰いました。大森君や余さんといった、気心知る共演者と一緒でとても楽しい現場でしたね。

■6話ゲスト:本人役 長山洋子
「ふじ」に行き始めたのは演歌歌手になりたての時くらいからで。ほぼ毎日のように「ふじ」でごはんを食べている時期が一時ありました。お店は夜7時からオープンして、朝の5時までやっていたんです。開店してから閉店の朝5時までいたこともしょっちゅうあって(笑)。 新曲が出たときに、ポスターを持っていったら、お父さんとママが「洋子ちゃん、お父さんへ!ってサイン入れて貼っていって~!」って言ってくれて。それから、新曲が出るたびにポスターを貼らせてもらう事になったんです。お父さんは、本当のお父さんみたいになってきて。ほとんど仕事の愚痴は外では話さないのですが、お父さんとママに仕事の愚痴を話したこともありましたね。お父さんとママを100%信頼していました。 あとは、ドラマに出るのが本当に久しぶりでした。大森さん、永山さんって、どういう人なんだろう!とかだいぶ不安があって…。実は知り合いの役者さんに探ったりしていました(笑)。でも本当に気さくな方ばかりでした!長山洋子、本人役は生まれて初めてでした。演じるという感覚が全くなかったので、素のままなので、放送を見るのが怖いです(笑)。。

■鯨井麻衣役 飯豊まりえ
小さな印刷会社で働くOL。麻衣が気になるお店として、インスタグラムで「ふじ」の外観をアップしていたことがきっかけで、西尾(永山絢斗) と出会う。やがて、2人はお互い惹かれあう存在に。
最初、出演されるキャストやゲストの方を知ったとき、「えーっ!テレビで見ている人だ!」と思いました。そんな不思議な感覚がありながら楽しく撮影していました。永山さんは最初の印象と違っていて。勝手にもっと怖い人だと思っていました。ですが、実際、お会いしたらすごく柔らかい印象で。ギャップ萌えしました(笑)。大森さんはそのままでした。昔、美容院で「大森南朋さんみたいな髪形にしてください。」って言ったことがあって(笑)。それをご本人に言えたのがよかったです。演じる麻衣という女の子は、人間らしい女の子で。夢があって、それを叶えるためには手段を選ばずにいろいろとやってみる女の子です。そして、この撮影では初めて経験することばかりで、たくさん収穫がありました。チークも初めて踊りました!今度どこかで踊ってみようかな(笑)。

■高橋光子役 立石涼子
「ふじ」のおかあさん。彼女の料理は多くの人々を惹きつける
即興芝居のような感じで、楽しいですね。撮影が進む中で、今このシーンでどの料理を出せばいいか、いろいろ工夫しながらやっていきたいですね。実際の「ふじ」の常連さんが、「お店がお休みの時は心配でおかあさんに電話をする」と言っていて本当に家族のように愛されているおかあさんの魅力を私なりに探していきたいですね。

■小林翔次(翔ちゃん)役 諏訪太朗
「ふじ」の常連、土建屋の社長。昔はヤンチャをしていた
セットが、本当の「ふじ」にいるみたいで凄いですね。楽しく酔っ払いたいですね。料理も、「ふじ」の料理と同じ味を再現しているので、ものすごく美味しいです。長崎監督とは、30年近く一緒に映画の仕事をしているんですが、ドラマは初挑戦なので、すごく新鮮です。

■真山玲子(玲子さん)役 平田敦子
「ふじ」の常連、ブティック魔原蛇の店長
撮影で、ノンアルコールビールを飲んでいるのですが、普段あまりビールを飲まないせいか、少し酔いますね(笑)。 玲子さんは、ブティックの店長なんですが、派手なお洋服を着せて頂けるので、楽しみです。楽しく、自然に、やりたいです。お料理も、「ふじ」のお料理みたいに美味しく作って頂いているので、なるべく食べたいと思います。

■西尾たま美役 余貴美子
西尾の母
西尾栄一(永山絢斗)の母親役なのですが、息子が通っている「居酒屋ふじ」に来て、息子と飲める母親もいいなと思いました。今回、岐阜弁を初めて使うのですが、だんだん使ううちに、難しいのですが、音が良くて話していて楽しくなってきました。お酒が飲みたくなるような音ですね。

■秋山賢治役 中村元気
西尾のバイト先の主任
今回は、かなりミーハーな役どころですね。村上さんのパワーに押されまくりで、ついていくのがやっとですが(笑)、負けないように、がんばります。

■工藤俊介役 村上淳
西尾のバイト先の社員
主演の永山さんは、僕の変則的なリズムの芝居も受けてくれて、とてもやりやすいです。僕自身、視聴者の気持ちになって芝居に参加する、という思いが強くなっていて。プロフェッショナルなスタッフが揃っているので、ものすごいクオリティーのモノができるのは間違いないのですが、おかしな変則的なリズムが入ると面白いんじゃないかと。なので、自分は相手に変な間を入れた芝居を意識しています。がっちりした芝居は尊敬する、付き合いの長い南朋くん(大森南朋)に任せようかなと。

■西尾栄一役 永山絢斗
豪華なゲストの方々に毎話出演していただいたり、オーディションやワークショップなど、普段見せる事のないシーンが台本に溢れているので、よく辱しめを受けたり(笑)、日々刺激的な撮影をしております。
どうか『気楽』をみなさんに届けられますように。

■本人役 大森南朋
「ふじ」は実在するお店なので、お店のお母さんに失礼のないようやっていかなければと思います。また、僕は「ふじ」に通っていましたが、現場のセットがお店をすごく忠実に再現されていて。観ている方は実際のお店で撮影していると思うんじゃないですかね。役柄は、最近テレビ東京さんで流行っている、大森南朋役の大森南朋という本人役ということなので、佇まいは、普段っぽい感じが出せればいいなと。みんなと一緒に、面白いものを作っていけたらと思います。

■プロデューサー 倉地雄大(テレビ東京 編成局 ドラマ制作部)
「居酒屋ふじ」では、永山絢斗さん演じる西尾が、今は亡きふじの店主・おやじの奇想天外で豪快すぎる逸話を聞いて、そこから人生のヒントを得たり、明日も頑張ろう!と一歩前を向いて歩き出すきっかけを与えてもらったりします。そんな主人公の心動かすエピソードを、見ている人により想いを伝えるために……と悩みぬいた末にたどり着いたのが、“泣ける”パラパラ漫画の鉄拳さんでした。言葉がなくてもその独特な絵だけで、人の心を動かし続けてきた鉄拳さん。その類まれなる才能が「居酒屋ふじ」のドラマ本編内で存分に発揮されます。ちなみに僕も含めた制作スタッフは、仕上がったイラストの一部を見ただけで感動しました!“笑いあり、涙あり”のこのドラマにおいて、鉄拳さんのイラストは不可欠です!






【スタッフ】
原 作 栗山圭介 『居酒屋ふじ』(講談社刊)
音 楽 大友良英
作 画 鉄拳
脚 本 根本ノンジ 「銀と金」「侠飯」 
      「5→9~私に恋したお坊さん~」
山田あかね 「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」「時効警察」
粟島瑞丸 映画「はらはらなのか」原案・脚本協力
今西祐子 映画「お雑煮日和」
監 督 長崎俊一 「撃てない警官」 映画「西の魔女が死んだ」
     「8月のクリスマス」
国本雅広 「僕のヤバイ妻」 映画「おにいちゃんのハナビ」
瀬野尾一 「食の軍師」
主題歌 斉藤和義 「I’m a Dreamer」(Speedstar Records)
エンディングテーマ 月に吠える。「夜の雲」(Mastard Records)
チーフプロデューサー 浅野太(テレビ東京)
プロデューサー
 倉地雄大(テレビ東京)
 平体雄二(スタジオブルー)
 中村恵子(スタジオブルー)
製作著作 テレビ東京
制作協力 スタジオブルー

居酒屋ふじ 公式サイト